ふるさと納税についての詳しい説明と申込方法をご紹介します。

ふるさと納税の概要

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体への[寄附]です。
手続きをすることで、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

ふるさと納税3つのポイント

1.寄附金の使い道を指定できる

ふるさと納税では、寄附金を自治体がどのように使用するのか、その用途を選択することができます。寄附金の使い道の観点から、寄附先の自治体を選ぶこともできます。

2.生まれ故郷じゃなくてもOK

生まれ故郷でなくても、あなたが応援したい自治体に寄附できます。

3.税金が控除される

ふるさと納税では、控除上限額内で寄附を行うと、合計寄附額から2,000円を引いた額について、所得税と住⺠税から還付・控除が受けられます。

寄附金税額控除の
上限額について

自己負担額の2,000円を除いた全額が控除される対象となるかどうかは、納税(寄附)される方の年収と家族構成によって異なります。
下記の控除金額シミュレーションでお調べいただけます。

※あくまで目安です。正確な計算はお住まい
(ふるさと納税を行った翌年1月1日時点)の市区町村にお尋ねください。

お申し込み方法

インターネットでお申し込み

こちらの各サービスよりお申込みいただけます

郵送でお申し込み

「寄附申込書」に必要事項をご記入のうえ、郵送、FAXいずれかの方法により神戸市企画調整局産学連携推進課 ふるさと納税担当までお申込みください。なお、「寄附申込書」は下記よりダウンロードしていただくか、産学連携推進課ふるさと納税担当までご連絡ください。


<郵送先>〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 (1号館12階)
神戸市企画調整局産学連携推進課 ふるさと納税担当
<TEL>078-322-6967 
<FAX>078-322-6051

税額控除のお手続き

税金控除を受けるためには、税額控除の申請手続きが必要です。「確定申告」「ワンストップ特例制度」
2種類の方法があります。ご⾃分にあった方法でお手続きください。

税額控除の仕組み

確定申告

寄附を行った翌年の2月半ばから3月半ばの確定申告期間に、税務署に寄附金受領証明書を確定申告書類と共に提出する必要があります。寄附をした年の所得税からの控除(還付)と、寄附をした翌年の住民税からの控除(減額)が受けられます。

控除の仕組みの違い 確定申告
確定申告 
申請手続きについて

ワンストップ特例制度

確定申告を行わなくても寄附金控除を受けられる仕組みです。この制度を利用することにより、手続きを簡素化することができます。寄附の都度、寄附先の自治体に申請してください。寄附をした翌年の住民税から全額控除(減額)されます。

控除の仕組みの違い ワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度を利用できる条件

  1. 1. もともと確定申告をする必要のない給与所得者である方

    ※年収2,000万円以上の所得者や、医療費控除等のために確定申告が必要な場合は、確定申告で控除申請してください

  2. 2. 1年間の寄附先が5自治体以内である方

    ※1つの自治体に複数回寄附しても、1カウントになります。

ワンストップ特例制度 
申請手続きについて

申請手続き

確定申告で申請

  1. 寄附受領確認後に、確定申告に必要な寄附金受領証明書(寄附受納書)をお送りいたします。
    大切に保管してください。
  2. 寄附をした翌年の3月15日までに、寄附をされた翌年1月1日現在にお住いの住所地の所轄の税務署に確定申告を行ってください。 確定申告を行う際には、寄附金受領証明書(寄附受納書)を添付してください。

ワンストップ特例制度で申請

  • オンラインにて
    申請する場合
  • 書類を送付して
    申請する場合

マイナンバーカードとデジタル庁提供の「マイナポータルアプリ」をダウンロードした端末(スマートフォン等)をお持ちの方は、ワンストップ特例申請書や各種確認書類を神戸市に送付する手間なく、オンラインでワンストップ特例申請を完結させることができます。

  1. 自治体マイページ(※1)にアカウント登録を行う。
  2. 「マイナポータルアプリ」(※2)をダウンロードした端末(スマートフォン等)と
    マイナンバーカードを用意する。
  3. 自治体マイページの案内に従って、オンラインにてワンストップ特例申請を行う。(※3)

※自治体マイページは、株式会社シフトセブンコンサルティングが提供するサービスで、ふるさと納税に関する情報が一元管理できる寄附者様個人の専用ページです。ワンストップ特例申請や控除申告先住所の変更等が、オンラインで実施できます。

  1. ふるさと納税をお申込みの際に、ワンストップ特例制度を「利用する」にチェックを入れてお申込ください。
  2. 「ワンストップ特例制度」のお手続きを希望された方には、寄附受領確認後に、「ワンストップ特例申請書」等の書類を寄附者様の登録情報を印字した状態でお届けします。
  3. お届けした申請書に必要事項をご記入いただき、マイナンバー確認書類と本人確認書類を添えて、同封しています返信用封筒にてご返送ください。

※(転居による住所変更など)提出済の申請書の内容に変更があった場合、ふるさと納税をした翌年の1月10日までに、変更届の提出が必要です。
※申請書の受付済書は、ご登録のメールアドレスにお送りします。メールアドレスの登録が無い場合や何らかの理由でメールが届かない場合、書面にてお送りします。

<提出期限>

寄附をした翌年の1月10日(必着) ※年末はご寄附が集中するため、特例申請書の到着をお待たせする場合がございます。提出期限を延ばすことはできかねますので、ご自身で申請書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、必要書類とともに、以下の提出先までお早目に送付されることをお勧めいたします。

<提出先>

〒650-8570 
神戸市中央区加納町6-5-1 (1号館12階)
神戸市 企画調整局産学連携推進課 ふるさと納税担当